婚約指輪はつける?つけない?

そもそも婚約指輪って?


婚約指輪・・・もちろん誰もが耳にしたことのある単語だと思います。婚約する時にもらう指輪じゃないの?と思われる方もいるかもしれません。しかし、実は必ずしも婚約する時にもらうものではないのです。まずは、婚約指輪って実際はどのようなものなのか、説明していきたいと思います。 そもそも婚約とはいったい何なのでしょうか?結婚の約束をしたら?親にあいさつに行ったら?意外と迷ってしまいますよね。これにはいろんな考え方があります。結納を正式なものとする考え方もありますが、一般的にはプロポーズをされた時点で婚約成立とされています。 婚約指輪も、プロポーズの時にもらう人から一緒に買いに行く人、買わないカップルまで様々です。しかし、男性から女性に贈られるものであることは変わりません。ダイヤモンドの装飾の指輪が一般的で、婚約中に左手の薬指にはめることで、愛の誓いを表しています。



婚約指輪ってどんな時につければいいの?


婚約指輪について、理解を深めていただけたでしょうか。それでは、本題です。婚約指輪って、どんな時につけていれば良いのでしょうか? これも、人によってさまざまで、こうでなくてはいけない、という決まりのようなものはありません。要は、つけたい時につければよいのです。もちろん婚約期間中ずっとつけていても構いません。しかし、婚約指輪はダイヤモンドの装飾がついているものが多く、値段も普段の宝飾品よりも高めです。ずっと付けていることに抵抗がある人もいると思います。そこでおすすめなのが、普段は大切にとっておいて、少しいいレストランに行く時だけつける、という方法です。これでしたら、大切にとっておいてくれているのかな、と彼も喜んでくれるのではないでしょうか。 高価だからといってあまり仕舞い込まず、すてきな場面で活躍させてあげましょう!