婚約指輪にいくらかける?

給料3ヶ月分はもう古い


前までは婚約指輪といえば給料の3ヶ月分というのが目安になっていたと思います。でも今のご時世それはなかなか難しいと思う方も多いかと思います。けれど女性も今では婚約指輪を普段から身につけたいという人が増えてきていて、昔のような立て爪ダイヤの指輪のようなものを好む女性は減ってきているようです。通勤や普段着にもあう、そんな婚約指輪が求められています。しかし一生に一度のプレゼントにあまりにも安いのはちょっと…といった感じですよね。 最近の婚約指輪は20万~30万円が相場になっているそうです。なかには10万円台の指輪でもデザインがよければ…見た目が安っぽくなければ良い…という女性からの心強い意見も。しかし値段が高ければ高いだけ愛を感じるとの厳しい意見もあるようです。



婚約指輪が愛の大きさ!?


そんなことないです。 しかし実際には安い婚約指輪でショックをうけた、愛されていないのではと思う女性からの意見もあります。けれどそれは一部の意見であって、逆に男性側からの「自分はこれだけの婚約指輪を買ってあげた、これだけ君を愛しているんだ」というのは少し重たいように思う女性もいるのではないでしょうか。 筆者としては「無理しない程度の良い指輪」がベストだと思います。無理して頑張って買ってもらっても嬉しいに変わりはないですが、心配にもなります。それに婚約指輪にそこまでお金をかけずに、2人での豪華な食事、結婚式、新婚旅行、などの費用の足しになるほうが嬉しいし楽しめるなと思っています。 女性それぞれ考えが違うのでこの位の金額の指輪、とはっきりは言えませんが、現在ではネットで相場や実体験なども見れるので、婚約指輪の購入を考えているあなたはのぞいてみるのも一つの手ではないでしょうか。 でも一番大切なのは、あなたが相手につけてほしいものを選ぶことです。